助成金制度

2015年12月1日現在当社調べ
自治体 条件 補助金
割合
補助金
限度額
HPリンク
神奈川県鎌倉市 生ごみを乾燥、発酵等の方法により分解し、減量、消滅又はたい肥化することが可能な機器であって、処理能力が1日に30キログラム以上のもの 3分の1 100万円 助成金ページリンク
神奈川県秦野市 自治会やマンション管理組合など、近隣の20世帯以上で構成する団体が設置する業務用生ごみ処理機に補助をします。 5分の3 200万円 助成金ページリンク
神奈川県逗子市 自治会又は集合住宅の代表者の方が対象で、1日10kg以上の処理能力を持った機器に対して補助金を交付します。 3分の2 1世帯30,000 助成金ページリンク
静岡県富士市 (1)おおむね50世帯以上の一般家庭で構成されている自治会、マンション管理組合等
(2)同一事業を1年以上継続している市内の事業者であって、「富士市事業系一般廃棄物減量化等に関する指導要綱第2条」に基づき、事業系一般廃棄物減量化等計画書を提出したもの
(3)その他市長が必要と認めたもの
2分の1 200万円 助成金ページリンク
静岡県裾野市 3分の1 100万円 助成金ページリンク
山梨県富士河口湖町 3分の1 150万円 助成金ページリンク
滋賀県高島市 1日3㎏以上の処理能力  3分の2 200万円 助成金ページリンク
徳島県徳島市 2分の1 50万円 助成金ページリンク
埼玉県久喜市内又は宮代町内 微生物、燃料及び電気等を用いて生ごみを堆肥化、飼料化及び減量化することを目的として製造された処理能力が1日5キログラム以上の機器 2分の1 250万円 助成金ページリンク
石川県鳳珠郡能登町 3分の1 20万円 助成金ページリンク

※制度のご利用をお考えの場合、制度の変更・助成金の終了等の可能性もありますので、各自治体へ必ず事前にお問合せ下さい

※この一覧に掲載している自治体は当社調べ現在時に各自治体のホームページで確認したのみですので、他にも「要綱改正」している自治体がある可能性がございます。この情報に基づいて被ったいかなる被害に関して、当社では一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。